宮古市スマートコミュニティ推進協議会
ホーム > シンポジウム・小水力実証実験
協議会について

冬休み小学生エネルギー学習教室

終了
宮古市では東日本大震災でエネルギー供給が断たれた経験を教訓として、復興計画において重点施策の一つに「森・川・海の再生可能エネルギープロジェクト」を掲げ、エネルギーの地産地消の実現、産業振興、対災害性の向上などを図るため、具体的な事業が動き出したところです。
この実証実験イベントは、安定電源である小水力発電に着目し、流水から電気が作り出される体験を通じて、特に若い世代に、地産のエネルギーをわかりやすく理解してもらうことを目的として実施するものです。
冬休みの自主学習として、身近な小川で発電してみませんか?
電気ができるしくみを超小型水車や模型を使って学習します。
シンポジウム
しおり
再生エネルギーって
このページのトップへ